地域医療に貢献すること30有余年、平成25年から新院長が就任し、新たな体制で診療を行っています。

初診の方

診療方針

当院では婦人科一般診療、仙台市産科セミオープンシステムによる妊婦健診はもちろんのこと、婦人科腫瘍の診断と治療という院長の専門性を生かし子宮がん検 診や子宮頚がんワクチン接種、超音波断層法(エコー検査)による卵巣腫瘍や子宮筋腫、子宮内膜症の早期発見、乳がん検診等の『予防』を中心とした医療にも 力を注ぎます。手術が必要な患者様は市内基幹病院との充実した病診連携により適切な医療機関に紹介させて頂きます。また院長自身が6年間勤務した仙台市立 病院に出向き手術を担当させて頂くことも可能です。その際は術後のフォローアップも仙台市立病院と連携をとりながら当院で行わせて頂くことも可能です。

臨床基幹病院との連携

通常の診療は当院で、いざというときは臨床基幹病院での診察・施術という体制で様々な治療体制を行っています。 大病院では手が届かないきめ細やかな診察で、見落としがちな病気も初期の段階で診断・治療を行うことができます。

仙台市産科セミオープンシステム

当院は仙台市産科セミオープンシステムに参加しています。妊婦健診は通院に便利で待ち時間が比較的少ない当院で行い、お産は充実した設備と複数のスタッフを有する下記の分娩施設で行って頂きます。

1)東北大学病院
2)仙台医療センター
3)東北公済病院
4)仙台市立病院
5)仙台赤十字病院

詳しくはこちら

電子カルテの導入

当院では平成25年度より電子カルテシステムを導入することにより患者様や妊婦様の診察所見や検査データを効率的かつ安全に記録、編集、管理しています。また薬剤情報ソフトや会計ソフトの利用により的確な薬剤情報の提供やお会計待ち時間の短縮を心掛けています。


トップへ
診療方針
診療案内
スタッフの紹介
ご来院方法
リンク
お問合せ・ご予約・ご相談



Copyright 2016 igarashi-clinic. All Rights Reserved.